タンス 移動

タンスの移動を格安で行う方法

タンス 移動

タンス 移動方法

タンス 移送

箪笥 運び方

たんす 移動

 

タンスの移動をお考えですか?
大きなタンスは自分で運ぶのが大変な家財です。

 

中身を出しても結構な重さと大きさがあるので、引きずってしまって建物を傷付ける心配もあります。
タンスの移動はやはり、プロである引越し業者にお任せしましょう。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

実は引越し業者はタンスの移動だけでも請け負ってくれるのをご存知ですか?
引越しでなくても、家の模様替えなどでもタンスを運んでくれます。

 

タンスの移動をしてくれる引越し業者を探すなら、一括見積もりサイトがオススメです。

 

あなたのお住いの地にある引越し業者から、タンスを移動してくれる業者を簡単に探すことが出来ます。
比較することで1番安い業者も簡単に見つけることができるのです。

 

何度も見積もりを取る手間がないので、ぜひご活用くださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越しの繁忙期とは?

 

引越し繁忙期

 

引越しには繁忙期(オンシーズン)と通常期(オフシーズン)とがあります。

 

日本は4月から新学期を迎えますので、新大学生や新社会人は3月に新生活のために一斉に引越しをするのです。
さらには春の人事異動で、新天地に移動するサラリーマンも加わって、3月は引越し業者が最も忙しい時期、つまり繁忙期なのです。

 

繁忙期は通常期よりも引越し費用が高くなります。
タンスだけ運びたいという依頼もやはり高めになりますので、この時期は避けた方がいいです。

 

それでも引越し料金は一律同じ価格というわけではありませんので、新居が決まったら早めに見積もりを依頼しましょう。

 

のんびり準備していていざ引越し業者に見積もりを依頼したら、どこの業者も予約が一杯で断れたという方もいます。
ギリギリでキャンセルが出て引越しはなんとか出来たけど、はるかに予算オーバーだったという方もいます。

 

このように繁忙期・通常期に限らず、引越しの準備は早めに行いましょう。

 

今は一括見積もりで複数の引越し業者から見積もりが取れるので、簡単に引越し業者を比較することができます。

 

 

引越しのおおまかな手順

 

引越しの手順

 

引越しのおおまかな手順を知っておくと無駄な動きがなくスムーズですので、ぜひ1度ご確認ください。。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。

 

A荷物を梱包し、不用品は処分する。

 

B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。

 

C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。

 

D郵便局へ転送の手続き

 

E引越し当日

 

F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。

 

G荷解き

 

H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

引越しといえば引越し業者への見積もりですが、新居の住所がわからないと正確な費用が算出できません。
物件までの距離が遠い、上層階なのにエレベーターがない、トラックが近くに停められないなど引越しに時間がかかると想定できる現場は費用が高めになります。それだけ人件費がかかるからです。
引越し業者に見積もりをするのは、新しく入居する物件が決まってからにしましょう。

 

そして引越し当日までにできるだけ荷物を減らしましょう。
いらないものを運ぶのにも費用がかかるので、売る・あげる・捨てるなどして荷物を減らしましょう。
使わないものから梱包すると、引越しがスムーズです。

 

市外引越しの場合は、役所に転出届を出しましょう。引越しの2週間前から出すことができます。
これを出し忘れるとわざわざ提出に戻るか、郵送してもらうなどの手間になるので必ず先に出しましょう。

 

電気・ガス・水道は日割り計算で精算してくれますので、まずは各会社に「引越しするので○○日まで使いたい」と言いましょう。
支払い方法は会社によって違うので、電話で確認してください。

 

引越しの日は家具の置き場所などを指定してください。
家具は重いので後で移動が簡単にできません。
引越しの際にどこに置くかしっかり決めておきましょう。

 

郵便物の転送は最寄りの郵便局で出来ます。
1年間は転送してくれますので、その間に知人に引越しした旨を連絡して下さい。

 

同じ市内での引越しなら転居届を、市外からの引越しなら転入届を新居の最寄りの役所に提出してください。

 

他にも住所変更が必要そうな、免許証・保険・パスポート・カード会社・銀行などには連絡してください。

 

いろいろすることはありますが、一つずつこなせば案外すぐに終わるかもしれません。
頑張ってくださいね。

 

 

引越し費用を安くする条件

 

引越し安く

 

引っ越し費用を少しでも安くしたいなら、まず引越しの条件を見直ししてみませんか?

 

引っ越し費用は荷物の量が多ければ多いほど高くなります。
ですから引越し前にできるだけ荷物を捨てたり、あげたり、売ったりして減らしてください。

 

次は引越し日ですが、土日祝日は仕事を休まずに引越しできるという方が多いため人気があり価格が高めです。
平日であれば引越し業者にも多少の余裕がありますので、割引が期待できます。
同じ様に大安も人気がありますので、可能であれば平日に引越ししましょう。

 

時間で言えば、午前中の引越しが人気です。
誰しも早く荷物を運び入れて午後からはゆっくりと荷解きしたいですよね。

 

午後便や時間を指定しないフリー便であれば結構割引があります。
もし急いでいないなら、こちらをご利用ください。

 

引越しを手伝ってくれる友人知人がいるなら、トラックと運転手だけ(チャーター便)を手配するという手もあります。
引越し業者にすべて運んでもらうよりお安くできます。

 

そして遠距離引越しは、同じ方面に運びたい荷物がある人と一緒に運んでもらう混載便なら安くなります。
ただし荷物が少なめであること、日数がどのくらいかかるかわからないことなどちょっと不便な面もあります。

 

引越しの条件で変えられるところがあれば、ぜひ検討してみてください。

 

 

引越し料金のしくみ

 

引越し価格しくみ

 

引越しの料金は人件費や移動距離、オプションの有無などによって決まります。

 

引越し業者のスタッフは主に荷物を運んでくれますが、おまかせパックの時は荷造りもしてくれます。
スタッフの拘束時間が長くなるほど人件費は高くなります。

 

また移動距離も引越し費用に関係します。
近距離の引越しに比べると遠距離の引越し費用はかなり高額になります。
それは運転するスタッフや交代要員などの人件費もかかる上に、ガソリン代や高速代などの交通費もかかるからです。

 

さらにオプションというのは、必要な人だけがつける項目のことで、エアコンの移設やピアノや車など特殊なものの移送がこれに当たります。
オプションがつけばつくだけ、引越し費用に加算されます。

 

ほかにも物件にエレベーターがなくて4階からの引越しやトラックを停める場所が遠ければ、搬出作業に時間がかかるのが容易に予想できますね。
そのような場合も引越し料金は高くなります。

 

費用を抑えたいなら、いくつかの会社から見積もりを取って比較検討してみるのが1番簡単で早い方法です。

 

 

 

エレクトーン 運送 冷蔵庫 配達 電子ピアノ 引っ越し